内臓脂肪の減らし方 ラクトフェリン

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

内臓脂肪を減らすには

体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。このうち、「内臓脂肪」は聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。

生活習慣病・メタボ・ダイエット・・・これらの言葉と一緒に耳にする機会が多いですよね。健康維持や肥満解消について考える際、内臓脂肪は重要なキーワードとなります。

内臓脂肪とはどのようなもので、増えることでどのようなリスクがあるのか、減らすにはどういった方法があるのか、といった事について説明していきたいと思います。

内臓脂肪とは

内臓脂肪は、内臓の位置を正しく保ったり、お腹に衝撃を受けた時に衝撃を和らげるクッションなどの役割をします。こうした大切な役割を持っているものの、内臓脂肪が付きすぎる内臓脂肪型肥満になってしまうと、私たちの健康に影響を及ぼします。

内臓脂肪は女性よりも男性の方が付きやすいと言われています。また、年齢を重ねて新陳代謝が低下しても蓄積されやすくなります。

内臓脂肪は肥満体型の人ばかりではなく、生活習慣によっては痩せ型や普通体型の人でも増えてしまいます。ただ身体の中に付く脂肪なので外見からは分かりづらく、一見痩せているのに実は内臓脂肪がたっぷり付いているという「隠れ肥満」の人も少なくありません。

内臓脂肪が増えると、内臓の周りに脂肪が付くことでお腹がポッコリと出てきます。男性の場合ウエストサイズが85㎝以上、女性90㎝以上である場合、内臓脂肪が付いている確率が高いとされています。

内臓脂肪型肥満は、手足が細いのにお腹周りがポッコリとしている体型をしているので、別名リンゴ型肥満とも言われています。

内臓脂肪が付きやすいのはこんな人!

  • 30代以降の男性や閉経後の女性
  • 若い頃スポーツをしていたが現在は運動をしなくなった人
  • ダイエットをして痩せたがその後リバウンドした人
  • 不規則な食生活をしている人

内臓脂肪が付くことによるリスク

内臓脂肪が増えすぎると、様々な病気の発症リスクが高まります。

内臓脂肪が増えることで発症リスクが高まる病気

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 糖尿病
  • 血栓症
  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

など

皮下脂肪型肥満の方が太って見えるので「早く何とかしなくちゃ」という気になるかもしれませんが、実は内臓脂肪型肥満の方がずっと危険な太り方なのです。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という言葉はすっかり浸透し、人によってはただ太っている状態を「メタボ」と呼んだりすることもあります。

しかし本来メタボリック症候群とは、内臓脂肪型肥満に加えて生活習慣病の症状が合併した状態のことを指します。

【メタボリックシンドロームの診断基準】

  • ウエスト周囲径が男性85㎝以上、女性90㎝以上
  • 高血圧・高血糖・脂質異常症のうち2つ以上が当てはまる

このようにメタボリック症候群とはただの肥満ではなく、よりリスクの高い内臓脂肪型肥満からさらに生活習慣病も合併しているという「一歩進んだ状態」なのです。

診断基準になっている高血圧・高血糖(糖尿病)・脂質代謝異常(高脂血症)は、動脈硬化を進行させてしまいます。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる重大な病気を引き起こしてしまうのです。

さらにこういった生活習慣病の多くは自覚症状が出にくく、知らないうちに病気が進行していることも少なくありません。糖尿病もそうで、症状が出た頃にはかなり病状が悪化していて最悪の場合失明、人工透析なんてことも・・・。

こうならないためにも「メタボなんてただの中年太りでしょ」と甘く見ず、早いうちから内臓脂肪対策を行う必要があるのです。メタボリック症候群は危ない状況なんだ、ということを意識する事が大切です。

内臓脂肪を減らす方法

このように放置すると恐ろしい病気の引き金となる内臓脂肪。最近お腹周りが気になるという方は、健康のためにも標準値まで減らしたいですよね。

内臓周辺は脂肪を蓄積するのも早いのですが、血行が良いため落ちやすい部分でもあります。付きやすいけど落としやすいという事ですね。そのため、対策を行えば効果が現れやすいとも言えます。

内臓脂肪を落とすには、適度な運動と食生活の見直しが大切です。現代人は慢性的な運動不足になりがちなので、普段から意識的に体を動かすことが必要ですね。ウォーキングやジョギング、簡単な体操などがおすすめです。

食事も栄養バランスの取れた献立を心掛け、高カロリーの食べ物は控えるようにしましょう。食べ過ぎも良くないので、腹八分目で抑えることも必要です。

こうした生活習慣の見直しとともに、サプリメントを取り入れて内臓脂肪に働きかけるのもオススメです。

健康のために普段からサプリメントを服用しているという方も多いかもしれませんね。数あるサプリの中には、内臓脂肪を減らすサポートをしてくれるものもあります。

ライオンから発売されているナイスリムエッセンス ラクトフェリンは、

内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つ

というラクトフェリンサプリです。

ライオン ラクトフェリンは「内臓脂肪の低減・高めのBMIの改善」について世界で初めて科学的に実証したということから、注目を集めています。

ラクトフェリン関連商品の中では非常に人気で売れ筋のサプリなので、もしラクトフェリンサプリに興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。