内臓脂肪を減らす 記事一覧

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

内臓脂肪を減らす記事一覧

内臓脂肪と皮下脂肪の違い
内臓脂肪と皮下脂肪はそれぞれ性質が異なります。ダイエットをより効果的・効率的に行うためにも、まずはこれら脂肪の性質について知っておきましょう。
BMIとは
BMIとは肥満度が分かる指数のことで、身長・体重を計算式に当てはめて計算することで自分でも簡単にチェックすることができます。
内臓脂肪が増える原因
内臓脂肪は過食・運動不足によって増えていきます。現代社会はなにかと運動不足になりがちですから、普段から意識して体を動かすことが大切です。
内臓脂肪レベルとは
内臓脂肪レベルとは、内臓脂肪がどれくらい蓄積されているかを知る目安になります。体組成計があれば家庭でも簡単に測定することができます。
内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)とは
今ではすっかりおなじみとなったメタボリック症候群(メタボ)。これを単に太っているかどうかの基準だと勘違いしていませんか?
生活習慣病と内臓脂肪
生活習慣病は動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などの重大な病気を招く原因ともなります。内臓脂肪はこの生活習慣病に大きく関わっています。
もしかして隠れ肥満?
標準体型で体重も標準だからといって肥満じゃないとは言い切れません。痩せて見えるのに実は内臓周りの脂肪がたくさん付いている「隠れ肥満」の人もいるのです。
内臓脂肪の落とし方
内臓脂肪は付きやすく落ちやすい脂肪と言われています。対策をすれば効果も出やすいので、早いうちから対策を行いましょう。
内臓脂肪を減らす食事
内臓脂肪を落とすには、高カロリーの食事は控えなくてはいけません。また内臓脂肪を減らす食品を積極的に食べるといいですね。
サプリメントで内臓脂肪を減らす
内臓脂肪が気になるという方は、内臓脂肪を減らすサプリメントを飲んでみてはいかがでしょうか。運動や食事制限と一緒に取り入れるのがポイントです。
内臓脂肪軽減にライオン ラクトフェリン
ライオン ラクトフェリンは、高めのBMI数値の改善機能を持った、内臓脂肪を減らすサポートをしてくれるサプリメントです。
30代になると内臓脂肪は増えやすくなる?
30代になると、20代の頃に比べて太りやすくなったり体重が減りにくくなったと感じることも多くなりますよね。お腹周りが目立ってくる方も増え始めます。
運動で内臓脂肪を減らすには
脂肪を燃焼させることを目的として運動するなら、脂肪燃焼に効果的な有酸素運動を取り入れましょう。ウォーキング・ジョギング・水泳などが有酸素運動にあたります。
内臓脂肪を減らすヨーグルト、その効果とは
ヨーグルトといえば腸内環境を整えてくれるというイメージですよね。しかしヨーグルトの健康効果はそれだけではありません。使用される菌によってさらなる効果が期待できます。