BMI 計算式

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

BMIとは

BMIの計算方法

BMI指数という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

健康診断でもBMIが出されますから、「標準体重まで落としましょうね」と看護師さんや医師から言われたことのある方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、計算式が単純ですし本当に肥満かどうかはBMIだけでは分かりませんが、一つの数値として参考にはなります。とはいえ、あまりにBMIが高すぎる場合にはやはりダイエットは必要かなと思います。

BMIはBody Mass Indexの略語です。体重と身長から算出される脂肪指数のことで、肥満度を示すための数値を意味しています。この数値で体型や病気のなりやすさの目安などを判断します。

BMIの計算式は

体重 ÷ ( 身長 × 身長 )

となります。
(単位は体重=kg、身長=m)

この数値より肥満度の判定をします。

【BMIの数値と肥満度】

18.5未満・・・低体重
18.5~25・・・普通体重
25~30・・・肥満レベル1
30~35・・・肥満レベル2
35~40・・・肥満レベル3
40以上・・・肥満レベル4

例えば、身長169cm/体重65kgの人の場合、

65÷(1.69×1.69)=22.8
(小数点第2位を四捨五入)

となり、BMI数値は22.8で【普通体重】となります。

内臓脂肪型肥満かどうかは腹囲でチェック

BMIの一般的な基本数値は22~24とされており、この数値の間であれば健康的な体重であると言われています。ですが普通体重であっても、見た目が太って見える、もっと痩せたいと思われる方も多いですね。

美容体重を目指す場合はBMI19を目安にすると良いとされていますが、ダイエットのしすぎも健康を害する危険性があるため注意が必要です。

肥満とは、身体に必要以上の脂肪が過剰に蓄積した状態のことを指します。体重が多いからと言っても、脂肪が増えているのか、筋肉なのか、または水分の過剰摂取なのかによって意味合いは違ってきます。

肥満、特に内臓脂肪型肥満は健康に害をもたらすと言われ、糖尿病や高血圧など多くの生活習慣病の因子となっています。見た目の美しさだけでなく、健康のためにも肥満は解消したいものです。

普段の食生活や生活習慣などが不規則なうえ、運動不足になってしまいがちな現代。規則正しい毎日を、と思っていても、仕事や生活に追われてなかなか実践できないという方も多いでしょう。そのため、BMIの数値を計算したら、普通体系だと思っていたのに肥満レベルに!なんてことも・・・。

内臓脂肪肥満型かどうかは腹囲を測ることで判別します。一般的には男性は85㎝以上、女性は90㎝以上とされています。

内臓脂肪の割合を正確に判断したいという場合は、腹部CT検査を行っている病院を受診しましょう。CT結果、身体の断面からへその位置での内臓脂肪の面積が100㎡以上である場合に内臓脂肪肥満型とされます。

もし内臓脂肪肥満型とされた場合、普段の生活習慣を気をつけるとともに、内臓脂肪を減らすサポートをしてくれるサプリメントも取り入れるといいですね。脂肪の分解を促進し、脂肪の合成を抑える働きを持っているので、付いてしまった内臓脂肪に直接働きかけてくれます。

また今では体重計でも、体脂肪率測定、内臓脂肪レベル、BMI、推定骨量、過去30日間体重をグラフ化しているものもありますので、健康維持や日々の体重またダイエットをされている方には良いかも知れませんね。