ライオンラクトフェリン 効果

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

内臓脂肪軽減にライオン ラクトフェリン

内臓脂肪を減らすサポートをするサプリメントは?

体が全体的に太っているわけではないのに、お腹だけポッコリとされている方はいませんか?そのような方は、もしかしたら内臓脂肪が蓄積されている可能性があります。

内臓脂肪が付きすぎることにより、生活習慣病のリスクが高まるとされています。飲み過ぎ、食べ過ぎ、喫煙など、普段の生活習慣により、消費されるカロリーよりも体内に入る摂取カロリーが上回ることで内臓の周りに脂肪が付いてきます。それらは消費されないとどんどんと溜まっていきます。

内臓脂肪は女性よりも男性、そして中高年になるにつれて付きやすとされています。内臓脂肪は誰にでも付いており、体温保持や内臓の保護などの役割をしていますが、内臓脂肪が必要以上に付くことにより、「内臓脂肪型肥満」とされ、そのままの状態にしておくと内臓を圧迫したり糖尿病や高血圧などの病気の原因ともなります。

そのようにならないためにも、野菜を中心とした食生活と、毎日少しずつでも運動をすることで内臓脂肪を減らしていくことが大切です。

そして、内臓脂肪を減らすのをサポートするものとして内臓脂肪サプリもあります。「ライオンラクトフェリン」は、内臓脂肪を減らすサポートをし、高めのBMI数値の改善機能を持ったサプリメントです。

ラクトフェリンの効能

ラクトフェリンはほ乳類などの母乳などに含まれる多機能タンパク質であり、健康を維持するために様々な働きを担っています。

ですがラクトフェリンは熱や胃酸などに弱く、市販の加熱処理された牛乳などでは摂りにくいとされており、しぼりたての生乳でも100mlに対し30mgほどしか含まれていないという希少な成分です。

ライオンのラクトフェリンは加熱前の牛乳を原料とし、また胃酸や消化酵素などで分解されずにしっかり腸にまで届くように独自コーティングしたサプリメントとなっています。腸に届くことにより、腸管周りに付いた脂肪に働きかけ、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きを活性化し「脂肪分解を促進」。また脂肪細胞の合成を抑え、脂肪の合成を抑制する働きをします。

1日3粒が目安となっていて、その中には牛乳の生乳1L分に相当する量である、300mgのラクトフェリンが配合されています。

という方におすすめのサプリメントです。

ライオン ラクトフェリン、ダイエットとして飲むのはどうなの?

口コミなどを見てみると、ライオンのラクトフェリンを飲んでも「痩せなかった」という意見を多く見かけます。

確かに、内臓脂肪が減ったら痩せると思われる方もいらっしゃいますよね。ですが脂肪には「皮下脂肪」「内臓脂肪」の2種類あり、女性の場合は皮下脂肪が付きやすいとされています。お腹のお肉がつまめるものを皮下脂肪、お腹が出ているのにつまめないのが内臓脂肪と言われています。

ラクトフェリンのホームページなどではダイエットとは書かれておらず、【内臓脂肪を減らし高めのBMIを改善】という事が書かれています。

ですので、皮下脂肪が付いている方が内臓脂肪に効果をもたらすとされるサプリを飲んでも、その効果はあまり得られないのはないでしょうか。

また、せっかく内臓脂肪サプリを飲んでいても、今までと同じ食生活・運動不足のままだった場合は効果を感じることは少ないと思います。

皮下脂肪を減らしたいのか内臓脂肪を減らしたいのか。自分はどちらのタイプなのか、見極める事が大切です。

ライオン ラクトフェリンを愛用されている方の体験談を見てみても、多くは「お腹周りがぽっこりしている方」であったり、「内臓脂肪を減らしたい」方となっています。お腹周りが気になる方は、ライオン ラクトフェリンサプリ、良いかもしれませんね。

詳しくは、ナイスリムエッセンス「ラクトフェリン」公式ページをご覧になってみてください。