内臓脂肪付きやすい 30代

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

30代になると内臓脂肪は増えやすくなる?

20代の頃と同じ食生活でいると・・・

30代になると、肌質の変化や体型の変化を感じる事ってありませんか?ダイエットをしても、以前のように体重が減らない・・・なんてこともありますよね。

30代になったら、20代と同じ食生活でいると摂取カロリーよりも消費カロリーの方が少なくなってしまいます。そのため、消費されなかった分が体に脂肪として蓄積されていくのです。

中年太りの原因は、体質やホルモンバランス、基礎代謝などの低下や、また老化による筋力の低下によって痩せづらくなるためです。30代で中年太り!?と思われるかもしれませんが、将来のことを考えると30代のうちに筋肉を鍛えておき、筋肉量を減らさないようにしておかなくてはいけないのです。

特に女性の場合、筋肉の量が減りやすくなるのに、筋肉がなかなか増えにくくなるという何とも面倒な体質。そのため継続的に運動をして筋肉量を減らないように維持し、体に脂肪を付きづらくさせることが大切となってきます。

筋肉量が減ると体脂肪が増えやすくなり、その結果肌にハリが無く垂れ下がるような体形となり、体のラインも崩れてきます。また背筋や太ももの筋肉も落ちてしまうと、足が太くなったり、背中にも肉がついてしまうという事にもなってしまいます。若々しい体型を保つという点からも、できるだけ筋肉量は減らさないようにしたいですね。

更年期と内臓脂肪の関係

年々脂肪が付きやすくなるのは、筋力低下だけが原因ではありません。女性ホルモンのバランスが崩れることでもお腹周りに脂肪がつきやすくなります。

更年期を迎えるころになると女性ホルモンの分泌量が低下します。すると脂肪が付く場所も変わってきてしまい、若いころには下半身に脂肪が付きやすかったのが、今度はお腹周り(内臓周り)を中心に脂肪が付きやすくなってしまいます。

更年期と言えば40歳以降というイメージですが、早い方では30代後半からなる方もいます。「体重は変わらないけど、お腹周りがポッコリしてきた」という場合は、内臓脂肪が付いてきた可能性もあります。内臓脂肪は比較的男性に付きやすいとされていますが、このように更年期近くになると女性にも付きやすくなるので注意が必要です。

ですが内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落ちやすい脂肪とされています。お腹周りが気になり始めたら、脂肪燃焼に有効とされる有酸素運動やインナーマッスルを鍛える運動を毎日取り入れるようにしたいですね。

それと併用して、内臓脂肪を減らすサプリメントを摂取するのも効果的です。