内臓脂肪 ウォーキング

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

運動で内臓脂肪を減らすには

脂肪燃焼には有酸素運動!

筋肉は運動をしないと脂肪燃焼をしてくれず、使われなかった脂肪は身体に蓄えられていってしまいます。そのため継続的に運動をすることにより、体に脂肪を蓄えさせないようにすることは、生活習慣病などの病気のリスクも減らすのにとても大切な事でもあります。

運動には大きく分けて有酸素運動と無酸素運動があります。このうち、脂肪燃焼に効果的と言われているのが有酸素運動です。どうして効果的なのかを説明していきますね。

有酸素運動は、長時間に渡り軽度、または中度の負荷を筋肉にかけることにより、体内に酸素を取り込み糖質と脂肪を分解し燃焼させ、それをエネルギーとして使います。運動を行った時に血中の糖分をまず消費し、その後筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンという糖分をエネルギーとして消費していきます。

つまり、まず体内の糖分を燃焼し、その次に脂肪が燃焼されるという事ですね。有酸素運動は20分以上継続して行うと良いと言われますが、これは脂肪が燃焼され始めるまでに約20分かかるとされているからです。

有酸素運動には

などが挙げられます。

激しい運動では呼吸が浅くなり脂肪燃焼するのに必要な酸素が不足してしまうため、長期間継続可能な運動の有酸素運動が良いとそうです。最近ではスローランニングというのもあり、歩く速度よりも少し早めの速度のランニングなどをされている方もいます。

有酸素運動は、ダイエット効果はもちろんの事、内臓脂肪も減らすともされています。運動と併用して、内臓脂肪を軽減するサプリメントを摂取しながら行うと、効果的に内臓脂肪を減らすことも可能とされます。

カフェインの摂取も効果的

体脂肪を減らすには、運動前にカフェインを摂取することが効果的とされています。カフェインを摂取することにより、運動中に身体が糖分を抑制して脂肪をエネルギーとして使う作用を強める効果や、筋肉の収縮作用を強めてくれる効果が期待できます。

筋肉は年齢と共に落ちてきます。筋肉が落ちることにより1日に消費するエネルギーも減ってきますが、逆に筋肉を増やせば消費エネルギーを増やすこともできます。1日に消費するエネルギーが、筋肉1Kgに対し100~200Kcal増えるとされています。

筋力を付けるためのトレーニングは継続して行わなくてはいけません。毎日続けられる方法、自分に合った運動の仕方を見つけて行くことが大切なのかもしれないですね。