ガセリ菌SP株 内臓脂肪

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

内臓脂肪を減らすヨーグルト、その効果とは

ヨーグルトの健康効果は菌によって違う!

ヨーグルトと言えば便秘解消って思っている方、多いのではないでしょうか。確かにヨーグルトは、腸内環境を整えてくれます。しかし、それ以外にもヨーグルトの効果はあるのです!

腸は第2の脳と言われるほど重要で、腸内環境により代謝やホルモンの分泌、必要な栄養分の吸収など様々な体調の変化に関連してきます。ですので、腸内環境を整えるという事は、とても大切な事なのです。

今では、いろいろな種類のヨーグルトが売られており、その使用している菌によっても作用が違ってくるのです。そして、その中にはメタボリック症候群予防効果のあるヨーグルトがあるのをご存知でしたか?

それでは、使われている菌により期待できる効能をご紹介していきますね!

【ヨーグルトに使われる菌とその効果】

ビフィズス菌
整腸作用やアトピー、アレルギーの症状の緩和
ブルガリスク菌
腸内細菌のバランスを整えてくれる
ガセリ菌SP株
内臓脂肪の蓄積を抑制
LG21乳酸菌
ピロリ菌の抑制
Lガゼイシロタ株
腸内環境を整え、発ガン物質の生成を抑制

このように、同じヨーグルトでも使われている菌によってその効能は異なってきます。パッケージを見て、自分が求める効果から選ぶことができますね。

ガセリ菌SP株の効果

ここで注目したいのが、ガセリ菌SP株です。胃酸や胆汁に強く生きたまま腸内に届き腸管内に定住することで、整腸作用の他にコレステロールの低下作用抗酸化作用などの効果が期待できます。

私たちヒトの小腸にはガセリ菌、大腸にはビフィズス菌などの善玉菌が存在しており、腸内の悪玉菌の増殖を防ぐ役割をしています。ガセリ菌ヨーグルトを摂取することで常在菌を増やし、コレステロール低下などの作用をもたらすとされています。

このガセリ菌SP株のSP株というのは、ガセリ菌から離培養したものの事で、大手乳業メーカーが培養した乳酸菌です。これには内臓脂肪低減効果があるといわれ、臨床試験により内臓脂肪の軽減が見られたとされています。

コレステロールが高い方や内臓脂肪が気になるという方にとっては、是非とも毎日摂取したいものですよね。

このように、一言でヨーグルトといっても使用されている菌により異なる作用があるんですね。身体に必要なヨーグルトを毎日摂ることで、その効果が期待できます。

しかし、身体に良いからと言って過剰に摂取は控えるようにしましょう。またヨーグルトは朝食に食べるという方が多いと思いますが、実は夕食後に食べる方が効果的とされています。それは腸は寝ている時に活動が活発になるためとされています。

ヨーグルトと運動また食生活を改善していくと、内臓脂肪も効率よく減っていきますね。