体脂肪の目安 男性

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

体脂肪 男性の平均

健康のためにも体脂肪率チェックを

今、体重計に体脂肪計が付いている商品が増えていますよね。家電量販店に行くと、たくさんの体脂肪計付体重計を見る事が出来ます。そもそも体脂肪とはどんな意味なのでしょうか。

体脂肪率とは体の中の脂肪の割合の事をしめしており、体重の何%が脂肪なのかということを知る数値の事です。体脂肪は身体の健康を維持していくために、体温調節や免疫やホルモンの分泌、またエネルギーの備蓄などに必要不可欠なものでもあるのです。

近年、日本人の食生活は魚中心から肉類やジャンクフード、米よりもパンといったように変化してきています。それに伴い体脂肪や生活習慣病などの増加も懸念されており、肥満体型の人も増えているようです。

体脂肪が増えるとただ太って見えるだけでなく、様々な病気の引き金にもなります。見た目の問題だけでなく、健康管理の一環として日頃からチェックしておきたいですね。

理想的な体脂肪率の目安

体脂肪率の区別には

の5つに分類されています。標準-は痩せ寄りで、標準+は軽肥満寄りとなります。また年齢や性別により適正な体脂肪率は異なります。

【年齢別体脂肪率目安(男性)】

18~39歳

痩せ・・・10%以下
標準(-)・・・11~16%
標準(+)・・・17~21%
軽肥満・・・22~26%
肥満・・・27%以下

40~59歳

痩せ・・・11%以下
標準(-)・・・12~17%
標準(+)・・・18~22%
軽肥満・・・23~27%
肥満・・・28%以下

60歳~

痩せ・・・13%以下
標準(-)・・・14~19%
標準(+)・・・20~24%
軽肥満・・・25~29%
肥満・・・30%以下

女性の年齢別体脂肪率目安はこちら

年齢別にみると理想の体脂肪りはこのようになりますが、ご自身の体脂肪率と比較していかがでしたか?ボディビルの大会に参加している男性は体脂肪率が3~4%くらいで、軽量前のボクサーの体脂肪率が5~6%と言われています。体脂肪が1桁台だとしたら、筋肉量がスゴイという事がイメージできますよね。

ちなみに、一般的にいう中年になると筋力が落ちてブヨブヨとした体つきになり、お腹が出てきますね。これは年齢とともに筋肉量が低下し、内臓脂肪が付きやすくなることが原因です。

体脂肪率と内臓脂肪との関係はかなり高く、一見見た目はスマートな男性でも内臓脂肪が多いため体脂肪の数値が高くなることがあります。内臓脂肪は危険な病気を招く原因となりますので、より注意する必要があります。

体脂肪を減らすには、運動をして筋肉を付けて代謝を良くする方法があります。慢性的に運動不足の人も多いですから、日頃から意識して体を動かすようにしましょう。