ダイエットを続けるコツ

内臓脂肪を減らすには|おすすめサプリ

体脂肪を減らすコツ

無理なく体脂肪を落としたい!

普段運動をしない方、運動が嫌いな方でも、体脂肪を減らす「コツ」をつかむことにより無理なく効果的に体脂肪を減らしていくことができます。

そのコツをいくつかご紹介していきます!

目標を持つ

ダイエットする時には、なぜ痩せたいのかという目標をハッキリと明確に持つことで成功率がアップします。

例えば、結婚式を控えている花嫁はドレスを選ぶ時に少しサイズのきつめのを選んだりします。こうすることで「式当日までに何としてもダイエットを成功させなくては」という目標ができ、ドレスを可愛く着たいという気持ちからダイエットを成功させることができるという訳ですね。

ただ漠然と「痩せよう」と思ってもなかなか上手くいかないものです。いつまでにどれくらい数値を下げるのか、できるだけ明確に決めておくことが失敗しないコツです。

リバウンドさせない

ダイエットをしても、リバウンドをしてしまい以前の体重よりも太ってしまった・・・なんて経験はありませんか?リバウンドした分はすべて脂肪になっています。リバウンドを繰り返すことで痩せにくい体になっていってしまいます。

リバウンドしないためには筋肉量を増やす必要があります。食事制限だけで痩せるとリバウンドしやすいので、運動も一緒に行うようにしましょう。

またダイエットに成功した後は気が緩みがちで、つい食べ過ぎてしまったり、運動をまったくしなくなったりしてしまいがちです。この気の緩みがリバウンドの大きな原因の一つですので、「痩せたからもう大丈夫」ではなく「この体型を維持していく」という気持ちを持つことが大切です。

無理のない運動をする

体重だけを減らすダイエットは、食事量を減らしたり、夕食を抜いた入りすると数日で体重は簡単に減ります。しかし体脂肪はそれらではなかなか減らないものなのです。

体脂肪1kgを燃焼するのに必要な運動量は7200Kcalと言われています。この数字を消費するのはかなり大変ですので、1~2週間ダイエットを続けても、体重は落ちても体脂肪はなかなか減らないという事もあるでしょう。体脂肪を減らすには長い期間を要するものとなりますので、自分が続けられる運動を考えてみましょう。

例えば、よく言われているのは有酸素運動。有酸素運動を始めてから約20分過ぎから体脂肪は燃焼を始めますので、30分以上は行うようにしたいものです。有酸素運動と言えばウォーキングですが、ダラダラ歩くよりも少し早歩きで歩いた方が良いとされています。エクササイズも効果的に脂肪を燃焼させるのにピッタリですね。逆に息切れなどを起こす運動は、体脂肪の燃焼効果は少ないとされています。

運動は継続して行うことが大切です。ハードすぎるスケジュールを立てるとすぐに挫折してしまいますから、無理なく自分のペースで行うことが継続させるポイントです。

サプリメントを活用する

体脂肪燃焼をサポートするサプリメントが多数販売されているので、運動と併用しながら上手に活用するのも効率の良い方法ですね。

お腹周りがぽっこり出ている方は内臓脂肪が多く付いていると思われますので、内臓脂肪を減らすタイプのサプリを選びましょう。

内臓脂肪軽減にライオン ラクトフェリン

ちなみに、体脂肪を減らすためにサプリメントを取り入れる際には、あくまでサポートとしての役割だという事を頭に入れておきましょう。サプリを飲んでいるからといって暴飲暴食を続ければ、当たり前ですがいつまでも体脂肪は減りませんよ!

食事の摂り方を工夫する

運動と食事はダイエットの基本とも言えますよね。もちろん高カロリーな食べ物は控えるべきですが、揚げ物や甘い物が好きだけどダイエットのために一切食べない!という無理な制限はかえって逆効果になることもあります。ダイエットを長続きさせるためには、週に1度くらいは食べても良い日を決めるといったように無理なく続けられる工夫をすることも大切です。

また炭水化物(ご飯・麺類など)を全く食べないのもリバウンドの原因となるとされているので、白米ではなく玄米や雑穀米などの低カロリーのものに替えるといった工夫をするといいですね。

お腹が空いた時などは、食事の前に常温の水をまず飲んでお腹を落ち着けるようにしましょう。そして、食事はゆっくり噛んで食べるという事も大切です。